FAG総合研究所

お金に対する姿勢をより良くするために

お金の教養は、これからの時代を生き抜くために、誰にとっても必要不可欠な道具となったーー。
私たちファイナンシャルアカデミーグループ総合研究所(FAG総研)は、そう感じています。

金融や経済といった知識がなくても快適に生活できる時代は、すでに過去のものとなりました。
さらに、自分の夢や目標を叶えるにも、経済的な力があるかないかで結果が大きく変わってきます。

大学に行くにも、アスリートとして活躍するにも、結婚するにも、独立開業するにも、すべてお金が必要です。
かつ、そのお金を正しく扱える能力があったほうが、より早く目標に近づいていくことができます。

つまり、お金は、人生におけるとても便利な道具であるということ。
ただし、取り扱い方を間違ってしまうと、凶器にもなります。

人類は、長い年月、この「お金」と向き合いながら歴史を紡いできました。

私たちFAG総研は、人類とお金との関係について真摯に向き合い、分析することで、お金を人生の中で真に活用していくための行動原理について考えていきます。

さらに、経済活動が急速に複雑化している今、「お金に対してどのような思考を持ち、行動すれば、生活と経済に好影響を与えることができるのか」「どうすればお金を生活と経済に悪影響を及ぼす凶器としてではなく、便利な道具として使えるようになるのか」といった観点から、現代の生活と経済に即した研究を行っていきます。

20世紀前半のフランスで最高の知性といわれた詩人、ポール・ヴァレリーはこう語っています。
「湖に浮かべたボートをこぐように、人は過去を向いた姿勢で未来へ入っていく」

私たちは、「人類とお金」の長い過去から真理を分析し、現代の社会的・経済的側面にも鋭い視点をあてながら、「お金に対する姿勢」をより良くし、未来に希望の持てる方法を探求し続けてまいります。

Research & Information

私たちが過ごしている信用社会経済の中、様々な思考がうまれ、個性が尊重される社会ではありますが、一方で、協調性がない社会になりつつもあります。

その中で、私たち生活者がどのように豊かに生活し、良い社会を築き上げていくか、という中心には、必ずと言っても良いほど「お金」という問題がでてきます。

生活にはお金が必要です。
企業にもお金が必要です。
社会を築き上げるにもお金が必要です。
そして、病院にも、福祉にも、社会保障にも、社会貢献にも、教育にも。

このようにどの局面でも必要なお金について、私たちは正しい扱い方を学ばず、そして共通のルールを作らず、生活を送っている昨今、お金についての様々な捉え方が生まれ、そして、数多くの問題や事件が起きているのが現状です。

私たちは、そのような様々な考え方を5つのSTAGE(ステージ)というフレームワークで捉え、一人ひとりの人生のCompass(羅針盤)になることを目指しています。

その上で、Life、Work、Moneyに関するリサーチを行い、「ワークライフ"マネー"バランス」のとれる環境づくりを各自が作り上げるようになるための公平な情報を、独立性の高い立場を活かし、発信していきます。

ステージを上げていく。
私たちの人生の舞台。

そのような意味を込めた「STAGE」。

この思考のもと、様々なあたらしい時代を切り開いていける活動を続けていくと同時に、私たちの取り組みに共感いただける皆様と新しい取り組みを行いたいと思います。

Financial Conditioning

ファイナンシャルコンディショニング。 すこし聞き慣れないこの言葉は、スポーツの世界のボディコンディショニングから由来しています。

プロのアスリートにとっては、体は最大の資本であり、自分自身で資本を守りベストな状態に持っていくために、さまざまな専門家を身近に抱えています。

アドバイスは、食事の取り方から、栄養バランス、サプリメントの知識、日々の生活習慣の改善にまでおよびます。そしてストレッチ、整骨等のメンテナンス治療から、メンタルコントロールや医療行為にまで渡る、様々なプロフェッショナルなサポートが必要とされています。

しかし、アスリート自らが、各プロフェッショナルと様々な調整を行うことは現実的には難しく、そのため、総合的に判断、調整を行う「ボディコンディショニング」という役割が存在しているのです。
その人が、アスリートの状態を日々把握し、医師や栄養士とのコミュニケーションを客観的な立場で一手に担い、分析、判断を行いアスリートの状態を最高の状態に整えていくのです。

そして、私たち生活者の最大資産の一つでもある「お金」についても、同様の立場でそれぞれのプロフェッショナルが関わり、一人の人の資産を整えながら、守り、そして育てていく。それが「ファイナンシャルコンディショニング」というものです。

金融の世界には、金融商品取引法や銀行法、保険業法など高い垣根の業法が存在しており、そこに関わるプロフェッショナルと同等の知識、経験を持つのはなかなか難しいものです。
しかしながら、お金を保有している以上、そのようなプロフェッショナルと必ず接する必要がでてきます。その立場の人たちと、コミュニケーションを行う際の、セカンドオピニオン的立場として活躍するのが、私たちが日々行っているファイナンシャルコンディショニングというものです。 金融商品の紹介や仲介を行うのではなく、「消費者側の立場でファイナンシャルの状態を整える」。それが、ファイナンシャルコンディショニングという役割で、私たちはそれを広げていきたいと思っています。

Information

名称 ファイナンシャルアカデミーグループ総合研究所(FAG総研)
代表者 渋谷 豊
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-14-11
TEL 03-5909-7422(代)
Email
設立 2015年3月





Financial Academy Group